按 ‘ 2013年09月 ’ 归档

中秋补番

#空飛ぶ広報室#

霓虹自卫队,无愧贪生怕死四个字。

恋爱今昔物语里的海自宅男光隆,光是因为半年后要派驻海外就觉得自己有生命危险,拼命嘱咐女友每周帮忙录下战队系列和卡面来打。

但说着“我可不会去买抱枕这种没有灵魂的东西,我最喜欢的是歌穗啊”实在是有够可爱……

有川浩的自卫队系列,SS合集里多次提到自卫官的婚礼誓言——

前一天不管吵架吵得多凶,隔天早上也得带着笑容送他出门,因为干自卫官这一行,早上出了家门,或许就再也回不来了。

和夏木冬原秋庭光稀,甚至于图书馆组的恋爱故事比起来,空井实在是太过于幸福了,这就是和平年代和架空物语的实力差。而且,毕竟他并非飞行员,只是情报官而已,最喜欢天空的Sky,在和平年代想要当蓝色冲击的驾驶员,蓝色冲击,空自的门面,这份理想再是正常不过了,但却在指尖触碰到梦想的一瞬间摔得粉身碎骨,和前辈们比起来真是软弱的人啊……

全片喜欢的部分,大约是蓝色冲击回到松岛基地,面对欢呼雀跃的民众,驾驶员说的那句:我们回来了。

不过站在我的立场上,看到松岛基地被冲走好几架飞机,甚至于还是F15,其实还真是……满开心的。

 

突发霓虹东北小旅行

泰衡は思いました。いや、あるいは秀衡の真の遺言だったかも知れない、いずれにしろ、泰衡は選択したのです。
自ら、滅びる道を。

自らが滅びることで、奥羽の民を守る道を。

腹を空かした虎に自らの身を挺するがごとく、頼朝に“食われて”やったのだ。仏道を貫いたのだ。

だから泰衡は、金色堂に葬られる資格がある。そう考えた誰かが、せめて首だけでも、金色堂に納めてあげようと思った。

昭和25年、奥州藤原氏の御遺体調査が行われた際、泰衡の首桶の中からハスの種が発見されました。この種はながらく保存されておりましたが、平成10年に至って花を咲かせることに成功し、そのハスの花は中尊寺内をはじめいくつか株分けされて、盛岡などでも見られるそうです。

都市としての平泉は滅びました。しかし800年の時を経て咲いたハスの花に、平泉の「精神」を見たように感じたのは、私だけでしょうか。いや、平泉の精神というより、「東北魂」と言うものかもしれない。

時を越え世代を越え、いかなる逆境をも越えて、いつか花を咲かせる東北の魂。

————————————————————————————————

晚上看完上面这段整个人都不太好了 [01]

东夷之地来来去去纷争壹拾贰年,最终由藤原氏在这极北开拓出一片此土净土,世人皆夸赞藤原三代当主,而四代泰衡不也如旧日的无量光院一般,展开羽翼庇护着奥州的土地么。

 

这次我所踏上的旅路,是311大地震受灾最为严重的东北地区, 我对目的地的认识再浅薄不过了——

小学是因为仙台医学院弃医从文的鲁迅先生,中学是从仙台乘火车空降帝剧的花组少女,再是遥3猛将传十六夜记的固有路线,最后是奥州笔头Let’s party……

东北那么大结果我知道的就只有宫城岩手县啊!顶多再加上,青森苹果啊,大!南部铁器啊,贵!藤原泰衡不能攻略啊,坑爹!

大天朝国庆期间内,我的坐标是4日东北,1日江户<终于摆脱了关西的魔怔我又前进了一小步!但是今年出国旅游的指标破了……值得检讨。